エントリー

盤面(読み:ブッシュフィールド)について

ブッシュマスターの特徴の一つに、盤面が固定ではないと言う点があります。
1枚ずつのスタートタイルとゴールタイル、13枚の赤と青のタイル、7枚の黄色いタイル。
以上の合計35枚のタイルが盤面を形成します。
バラバラになっているため、スタートタイルとゴールタイルの位置以外は、
自由が利くようになっています。

製作者サイドの意思としては、シャッフルしてランダムに並べていく、
または付属のマニュアルに書いてあるパターン例通りに並べる方法を推奨しています。

ランダム設置の際には設置ルールが存在し、
赤と青のタイルは連続3枚までと言う形式を取っています。
4枚以上並ぶと、突破が困難だったり実質不能になるキャラクターも居るので、
4枚以上並んだ時は再設置するか、一気に並べた後に微調整を行なってください。
そのルールに従った状態で出来た盤面でも、割とゲームが荒れます。
また、ゲームの準備でデッキ選出が一番最初である理由は、
ランダムで完成した盤面に最も順応したデッキを選ばせない、と言う
システム設計者の無邪気な悪意があったりします。

固定の設置例では、最大でも赤と青のタイルは連続2枚で留まっており、
各デッキは盤面の困難に直面しにくいようになっています。
また、盤面の中ごろに黄色いタイルが固まっているのもポイントであり、
ゲームの終盤、足の速いキャラがゴールする手前辺りで、
足の遅いキャラが差し掛かる辺りに固めてあり、
イベントカードに勝負を託す形も取れるようになっています。
逆に、ゲーム中盤にその辺りを通過する足の速いデッキは、
安定したその状態を崩す可能性として、黄を避けたい場合もあるので
そう言う考えと速さのデッキには障害にもなりうる可能性があります。

ゲームに慣れるまでは、固定設置例の盤面で遊んでいただき、
慣れてきたらランダムや設置例のカスタム、オリジナルの盤面をつくり、
参加プレイヤー好みの調整をいい感じに作ってみてください。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://rc.typ.cc/index.php/trackback/16

ユーティリティ

新着エントリー