エントリー

イヌ(ベレッタ) ドロボウ(唐草ツメ彦)

イヌとドロボウは速度を重視したデッキです。
基本パック、追加パック共通で考えてもほぼ最速クラスとなっています。
また、僅かながらも4の移動カードを持ち、移動の選択肢も広くなっています。

イヌとドロボウは、ポイントを自力で一切稼ぐ事ができませんが、
誰よりも速くゴールをする事で、大量にボーナスポイントを獲得して勝利するという
他のデッキとは違った勝利手段を展開するのが特徴です。

メリットは1進む。ブッシュマスターでは1進む=1ポイントと実質捉えられるので、
ちょっと変わった形でポイントを獲得する形式となっています。
また、進む事で不利な場所に一歩踏み込んだ状態で突入できる点や、
ブッシュマスターには戻るというイベントが比較的多くない事、
ゴールに速く到達できる=それだけ相手に手番を与えないため、
見た目以上に強力な要素を含んでいます。

デメリットは1戻る。
ポイント低下ではないので、イベントカードでポイントを手にいれた場合は減りませんが、
ポイントが無い状態でポイント-1を受けても問題ないどころか、
前進した上でポイントが減らない、ゴール時のボーナスを考えた
潜在的なポイントではむしろ増えている他のデッキに比べて、
前進した上での戻るなのでいついかなる時もこのデメリットは浮き出てきます。
また、速くゴールしないと他のプレイヤーに差を詰められる上にポイントを稼がれるので、
どこかで引っかかってしまうと以外に厳しい展開が待ち受けています。
1進むが大きなメリットであると同様に、1戻ると言うのも侮れない影響を持っています。

切り札はイヌとドロボウで異なり、
イヌは自分の手札から好きな枚数捨て、その数値の合計数進める爆発的加速を得る手段です。
4を2枚と言う状態が最も理想的で、一気に8も進める事になります。
ですが、そう簡単には揃わないので、ロボの切り札を考え、5以上であれば使い所と言えます。

ドロボウの切り札は4移動。
その移動の間に隣接、通過されたプレイヤーはポイント-1となり、
ドロボウはその減った数の総数だけポイントが増えます。
前述の通り、ドロボウはポイントを自力で減らせないので確定のリードとできる点も強み。
ただし、ポイントを持っていない相手からは取れないので注意が必要です。
普通に使って何も起きなければ4ポイント相当程度ですが、
大人数の密集する場所で使うと恐ろしいポイントと加速両方を手に入れられる
見た目以上に強力な切り札となっています。
また、取ったのが一人だけでも「相手が減って自分が増える」性質上、
取った相手とのポイント差は5ポイントである事も注目したい所です。
イヌに比べると派手な移動にはなりませんが、同等かそれ以上の能力を秘めています。

製作者としては、このイヌとドロボウのデッキは基本パックの中で最も強力であると考えています。
拡張を含めた上で考えても、恐らく上位に食い込む能力を持っているかもしれません。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://rc.typ.cc/index.php/trackback/21

ユーティリティ

新着エントリー