エントリー

エスパー(ミスタースポーク) イタコ(胡坐婆)

エスパーとイタコデッキは、自分のデッキ以外に干渉することが得意です。
直接影響ではありませんがイベントカードを見ることが出来たり、
他者の切り札に触れる切り札を持っているのが大きな特徴です。

メリットはポイント+1、デメリットはポイント-1、黄はイベントカードと標準能力ですが、
自分の手番開始の際に、イベントカードの束一番上を任意で見ることができる能力を持っています。
これによって普通なら良くも悪くも分からない黄タイルに止まった時の効果を確定させ、
それを考えた上で何処に移動するかが決められる、と言う強みを持っています。
ブッシュマスターは情報戦ではありませんが、自分だけ知っている情報と言うのは決して弱くはありません。
また、プレイヤーの立ち振る舞い一つでも強さが変化する能力であり、
デメリット効果であるにも関わらず踏みたそうなしぐさをしつつ、
あたかも手札の関係で止まれなかったように振る舞い、他者に踏ませると言う事や、
逆に踏めそうに無いメリットに対して嫌な顔をして、他者を警戒させる、
或いは全くの無表情で相手の好奇心を誘う等の動作は
ルールでは禁止されていないので、ブラフが得意な人向けの能力となっています。
また、見れないけど引くか引かないかを選べるコック、イタマエとは
良かれ悪かれ相互作用する能力であり、面白い駆け引きが発生します。

切り札はエスパーは他者の切り札と同じ効果を引き起こせます。
ロボの切り札を参照すればエスパーは5進み、
ガイジンの切り札を参照すればエスパーはイベントカードを3枚引きます。
特にガイジン、ニンジャ、イタマエの切り札は自身の能力とかみ合っているので、
参加プレイヤーに居た場合は是非活用したい所です。
そうでなくとも、他者が持っている強力な効果を引き起こせるのは強く、
プレイヤーが居るほど選択肢が広がり、現状に見合った切り札を選べるのは大きいでしょう。

一方イタコの切り札は、全てのプレイヤーの切り札の効果を「1進む」にしてしまいます。
使うタイミングは以外に広く、即座に使いオカマやイケメン、ゴスロリとガングロ等
すぐ使う事が有効な手段の一つとなるタイプの切り札を封じたり、
イヌやビルダー、ドクターと言ったまさに切り札のタイミングで使うデッキに対しても、
それらが使ってきそうなギリギリで使い、計算を狂わせるタイミングもあります。
また、これによってイタコ自身の切り札も次からは1進むになるので、
デッキが1巡してもう一度使う時には1のカードとして機能します。
効果は小さいですが2回以上は意味の無いこのカードが腐らなくなっています。

互いの切り札のイメージが逆かもしれませんが、色々ありまして、入れ替わりました。

移動能力は若干遅いくらいですが、危機回避能力は高く、
危険の小さい進行を可能としている他、
心理戦を得意とする人には比較的向いている部類のデッキとなっています。

ページ移動

トラックバック

  • トラックバックはまだありません。

トラックバックURL

http://rc.typ.cc/index.php/trackback/26

ユーティリティ

新着エントリー