「双間道-そうまとう-」とは、去る2018年5月5日「ゲームマーケット2018春」にて
同人サークル「ロッキンチェアー(Rockin'chair)」がお送りした短時間すごろく風ゲームです。
プレイヤーは死に瀕したキャラクターを生死どちらか望む方へと他人を妨害しながら導きます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

エントリー

2019年04月の記事は以下のとおりです。

概要

人数 2~8人
時間 10~15分
年齢 10歳~
価格 1200円
発売 ゲームマーケット2018春
3行で説明1 臨死状態となって生死の境をさまようゲーム。
3行で説明2 手札を使って行動し、キャラ毎に決められたゴールからの脱出を目指します。
3行で説明3 最後の1人か札が無くなったら終了となり一生そのまま。

 

20180421232616.png

双間道(そうまとう)とは、
同人サークル「ロッキンチェアー」がお送りする
臨死状態になって生死の狭間をさまようゲームです。
頭が悪いですね。

プレイヤー(参加者)は
生と死の狭間の世界「双間道」におとされた魂となります。
そこで…生か死か、キャラクターの望むべき道へ向かい、
道の終端にある門から脱出しなければなりません。

20180504000950.png

しかし、双間道にはふたつのオキテがあります。

用意された石札に意思を込めなければ行動できないという事。
そして、最後の1人か、石札が尽きたとき、
その魂は生きることも死ぬこともできず、
囚われの魂となってしまう事…。

とにかくこんなトコからいち早く脱出し、望みを手に入れましょう。
双間道は、そんなゲームです。


20180421232618.png

内容物の一部。
白いキャラクターは生(右の方)へ、
黒いキャラクターは死(左の方)へと向かいます。
望まない出口からは脱出できません。

20180421232619.png

プレイ中のイメージ。
山札から1枚引き、手札(石札)を出して行動していきます。
他のプレイヤーを陥れる石札もありますよ。
山札が無くなったら時間切れ。

これ、一見すぐに到達できそうですが、
脱出するためには門を開く必要があります。
門は、意思のチカラが10個集まらないと開きません。
今は6個たまっていますね…

20180421232620.png

10個集まれば晴れて開門!
この時、門にいれば宣言して脱出できます。
ただし、門は誰か1人が脱出するとまた閉じてしまいますので
うかうかしてられませんね。まあ臨死状態だし、そりゃそうか。

多人数で遊ぶとわちゃわちゃして楽しいです。
ぜひ楽しんでください。

ちなみに2人からでも遊べますが、
3~8人が推奨です。1回で大体10~15分程度。
また、このふざけたテイストについていくには
10歳程度の人生経験が必要と思われます。

もちろんロッキンチェアーの伝統として、
手札にやたらいろんな絵を載せたり
取説にくだらないこといっぱい載せたり
なんか眺めるだけでも楽しめるようになっておりますよ。

頒布価格は1200円!試遊もできます!
当日は缶バッジのガチャなんかも用意します!

ぜひ土曜日「I-27」ロッキンチェアーまでお越しください!
セグウェイで!


 

[通販の扱いはこちらをクリック(案内ページに飛びます)]

ゲームマーケットに掲載した過去記事はこちら。
http://gamemarket.jp/booth/gm1138/

  • 1

ユーティリティ

新着エントリー